昨日の夜に胃に激痛が走り、一時はどうなるかと思った‥‥。原因は明確で、瞬間的過度のストレス。冷や汗は出るし、吐きそうになるし、胃はねじれるように痛くて立てないし、ナメクジのように地面を這っていました‥‥(-_-;)

とりあえず、前に病院でもらっていた痛み止めを飲み、痛み逃しの呼吸法を‥‥って、そんなもんできる状態じゃないっ!!汗を拭きながら、足と胃を温めてゆっくりと鼻から呼吸をするようにしました。

少し落ち着いてきたので、“胃チャポ” でもらっていた顆粒の漢方をお湯で溶いて飲むと、ケロッと治った‥‥。

「また胃腸科外科に救急外来行きか!?」(←年に何回かお世話になっているし、去年入院した‥‥)とまで考えたのに、意外と回復が早い‥‥。なんで???

きっと普段から体と会話してるからだ♪(* ̄ー ̄)v

と、勝手にいい方に考える私。いやいや、ストレスのせいだとは思うけど、その前からちょっと体が冷えていたのよね。きっとその冷えが引き金となって、胃がキューっと痙攣したんだわ。

ま、治ってよかった。今日の漢方セミナーに行けなかったらどうしよう!?と半泣きになってたし‥‥。だって、楽しみで楽しみで‥‥。

で、元気にルンルン気分で行ってきました「漢方セミナー」!!去年、あの 「漢方煎じ器」 を買ったお店のセミナーです。毎日愛用しております。もう彼(←勝手に♂にした)がいない生活なんて考えられない‥‥。

11時から16時半までたっぷり漢方と養生のお話。でも、あっという間。いろんな本を読んで知っていることも多かったけど、やっぱりプロから聞くと違います。フムフム‥‥、へぇ〜、ほぅ〜と納得。雑談の中にもためになるお話がいっぱい。

休憩時間に先生と話すこともできるし、休憩ごとに漢方を煎じてくれる!四君子湯、四物湯、桂枝湯をいただきました。セミナー中は、漢方茶(今回は「肺」)飲み放題(* ̄∇ ̄*)

なんと「おやつ」まで出た!!赤いサンザシと黒いナツメ。2つとも体にいいのよねぇ。漢茶を飲みつつ、サンザシとナツメをつまみながら聞くセミナーは最高♡

とは言っても、メモすることがいっぱいでけっこう大変でした。先生のお話は、本当にためになったし、楽しかったです。ずっとシッポ振ってました。

今まで“点”だった知識が、やっと“線”になった感じ。最初は、眉間にシワを寄せて聞いていたけど、しばらくすると「ほぅ〜〜〜〜〜!」と会場から声が‥‥。

納得することが“てんこ盛り”でした。いやぁ、東洋医学ってすごい!!もっと勉強したいと思いました。ということで、「養生の基礎知識」という本を買っちゃいました。この本については、また読み終わったら感想を書きますね。

本当に楽しかったです。自分がしてきたことは間違っていなかったし、このままもっと養生しようと誓った1日です。

せっかくなので、休憩時間に先生に相談をしました。「今、漢方を煎じて飲んでいるのですが、漢方茶とかは飲んでも大丈夫ですか?取りすぎとかにはなりませんか?」と。

すると、「お薬としての漢方とお茶は違うので、ぜんぜん問題なし。」とのこと。よかったぁ。これからも漢方茶を飲もう!先生から「どんな漢方を飲んでるの?」と聞かれたので、お薬手帳(←持ち歩いている私もすごい‥‥)を見てもらいました。

先生から、「すごいねぇ、この先生。中医学の先生じゃないの?とてもよく漢方のことを理解されていますよ。あなたの症状にぴったりだし、このまま飲み続けるときっと効果が出ますよ。」と言われました。

「婦人科の先生ですよ。」と言うと、「婦人科の先生にしてはすごい!いい先生に出会えましたね。」って!

あぁ、やっぱりいい先生に出会えたんだぁ‥‥と実感しました。とっても嬉しい(*^_^*)

セミナーのことは、ちょこちょこ書いていきたいと思います。今日のセミナーでは、「養生」と「気づき」について学びました。先生が最後にこう言われました。

「自分の現状を受け入れ、体と会話しましょう。症状はいちばん弱いところに出て、一生懸命伝えようとしています。そのサインを見逃さず、「気づく」ことが大切なのです。」

体からのメッセージに気づいて、その症状の原因について考えて養生すると、体も心も健康になれる‥‥。私も健康になりたい。いや、なるぞ‥‥(o^o^)oワクワク♪