仕事が終わってから、食事会に行き、ある人に会いました。大手企業の営業さんで、「いやいやいや〜♪」と難波商人ちっくな人。お話はとてもおもしろく、会話に引き込まれるほどで、常に笑っていました。

おかげで、しんどいのもストレスもかなりラクになり、しばらくあまり食べていなかったのに、食事も喉を通るようになりました。

その人の特技(?)は姓名判断と手相。しっかり見てもらいました。

姓名判断は、「家系を大事にして、とても強い人」と言われ、大当たり。我が家は訳あって、墓守だとか紋の継承などについて、私が大いに関わっているのです‥‥。

続いて手相。「目標を持って仕事をする」とか、「慢性疾患がある」とか、「何か大きなこだわりや趣味があり、それに対しては時間と労力とお金を惜しまない。」とか、次々と当てていき、私もびっくり。

そして最後に「子どもはポンポンできるね。」って。

えっ‥‥。私は子どもができにくいはずなんだけど‥‥。今までの占いや手相でも、子宝には縁が薄いとか、子どもができないことで問題が起きる‥‥ばかりだったし、実際に可能性は低かった‥‥。

でも、その後の治療や体質改善で、その問題が快方に向かっているのも事実。それに伴って手相も変わったんだと思おう。

それにしても、この年で「ポンポンとできる」とは‥‥。それもなぁ。
って、その前に、相手を探さないと!! 堯; ̄□ ̄A