犬の着ぐるみうちの会社では、毎年年末に“大仕事”がある。それは、年賀状。普通の年賀状ではなく、来年の干支にちなんだもの。入社3年目の私は、一昨年はサル、去年はトリを着ました‥‥。そう、着ぐるみを着て写真を撮り、イラストを描き、印刷する。
で、来年は犬。いろいろ見てみたものの、どうもフツーでおもしろくない。「来年はどうするの?」「またやるんでしょ?」というお客さまたちの期待(?)に答えなければならないので、大きなプレッシャー。社内会議(と言っても3人)で話し合った挙句、社長がひとこと‥‥。

今年は自作や!おまえら作れ!

えっ???私たちが作る?って、犬の着ぐるみを?!さすがに全身を作るのは時間もないし、とっても大変。「とりあえず上半身だけでも犬になろう」と言うことで、後輩ちゃんと協力して作ることにした。幸い、後輩ちゃんは家政科出身で編み物が得意で、私はママさんの影響でお裁縫が得意。会社帰りにユザワヤ(神戸でいちばん大きい手芸品屋さん)に行き、あぁでもない、こうでもないと各フロアを総なめするように巡り、鼻を毛糸のボンボンにして、耳はボア生地で作ろうということになった。
上半身をどうするか困ったけど、「ユニクロのフード付きフリースは?」ということで、すぐ近くにあるユニクロへ。「白、白、白のフリース‥‥」と必死に探す私たち。近しいものを見つけては、後輩ちゃんが試着。鏡の前で「ちょっと違うなぁ。あっ、これフードがない!」などとコソコソ話しながら探す、探す。かなり怪しかったと思う‥‥。やっとのことで、白のフード付きフリースを発見!とりあえず、私が試作品を作ってみることにした。
えぇんちゃうん?!という出来。これで明日、会社で会議しよう!とっても満足だけど、お腹が痛い‥‥。縫っている間はマシだったのに、終わるとダメ。何かして忘れるようにしよう。(忘れることはできないけど‥‥。)

★私が作った犬セット(毛糸のボンボンの鼻、ボア生地の耳、ユニクロのフリース)