体調によって、気分が浮き沈みする。ということは、機嫌が変わる。周りにいる人には迷惑をかけないようにしようと思っているけど、“女優”に変身するのもストレスの原因となる。悪循環って本当に恐い。私の病気の敵は冷えとストレス。どっちも見えへんやんっ!っていつも思う。特殊スプレーとかして見えるなら、ぜったい追い掛けまわして退治してやるのに。しかも自分ひとりでは対応しきれないものでもある。そうなると、ついつい人のせいにしてしまう。「なんで分ってくれないんだろう」とか、「私だってしんどいのに」とか、「しょーもないこと言うな、ボケ(あくまでも、心の叫びです)」とか思ってしまう。そして後ほど自己嫌悪。ますます毛布に包まって、痛い痛いと半泣きになり、トド状態になる‥‥。分っちゃいるけど、これがどうしようもない。
元気なときは、「ヨガしよ〜♪」とか、「マッサージしよ〜♪」とか、「あっ!効いた!」とか、かなり前向きになれるけど、なんせ気分が後退しているとダメ。でも単純なもので、誰かと楽しく過ごすと徐々に元気になってくる。同じ痛みでも「痛いじゃない。早く治まってね。」と痛みクンに対して優しくなれる。
いけない、いけない。もっと強くならなければ。強いだけではいけないか‥‥。もっと純粋な気持ちを持ち、心の中からキレイにならねば。
「気持ちは乙女、中身は淑女」を目指します(*^_^*)