パンプキンパウンド朝から、後輩ちゃんから電話があった。どうやら昨日レジ機器を増設したケーキ屋さんから「動かない!助けて!」と泣きの連絡が入ったらしい。で、急いで現地に行ってちょちょっと配線などを触ると動いた‥‥。いつもそんなもんさ‥‥。ケーキ屋さんのパートさんが相手だから、仕方ないけどね。お疲れさん。ありがとう。m(_ _)m
このケーキ屋さん、今日から4日間“収穫祭”というイベントをしている。ん?収穫祭?うちのキッチンには、「北の大地セット」と称してどっかーんと来たカボチャがいる。我が家も“収穫祭”をするか。
ということで、パンプキンパウンドケーキを作ることに。100均のお店で紙のケーキ型を買い、家に帰ってきてからさっそくケーキ作りに着手。125mmの型が4つ入っていたので、2つ作ることにした。(さすがに4つは消費できない‥‥。)カボチャを3cm角ぐらいに切ってレンジでチンしてから裏ごし。無塩バターをやわらかくして砂糖を入れて混ぜ、全卵と卵黄と牛乳を入れて混ぜる。もちろん、愛用のハンドミキサーでガーーーーッだけど。カボチャの裏ごしと薄力粉&ベーキングパウダーを入れたら準備完了。型に流し込んで、空気を抜くためにトントンして、いざオーブンへ‥‥。

あっ!!黒ゴマを入れようと思っていたのに忘れてた!!

パンプキンパウンド2仕方なく、上からパラパラと振っておいた‥‥(-_-;)
そして40分後、βカロチンとゴマリグナンがたっぷりのパンプキンパウンドケーキができあがった!自己満足の“収穫祭”でした。こういうことをしているときは、お腹が痛くない。やはり楽しくしているのと、ゴソゴソ動いて血流がよくなるからかなぁ?

★↑ママさん作成の“カボチャ”といっしょに
 →カボチャの黄色がビューティフォー♪

パンプキンパウンドケーキのレシピの問い合わせがあったので、ご紹介します。
まず、種と皮を取り除いたかぼちゃ100〜120gを3cm角に切ってラップでくるんでチンします。
やわらかくなったら、しゃもじで裏ごし。
これがポイント!しんどいけど、がんばって!
無塩バター(有塩バターでもできるけど、私は無塩が好き)100gを常温にしておくか、レンジで軽くチンしてやわらかくしておき、ハンドミキサーで混ぜます。
砂糖90〜100gを入れて、白くなるまで混ぜ、全卵1個と卵黄1個分、牛乳ちょっと(大さじ1ぐらいかな?)を入れて混ぜます。
それに裏ごししたかぼちゃを入れます。
薄力粉130〜140gとベーキングパウダー5g(小さじ1)をふるって入れて、ざっくりと混ぜます。あまりお菓子を作らない方は、5gごとに個包装になっているものが便利ですよ。
型に入れて、中の空気を抜くために何回か5僂阿蕕ぞ紊ら落としてトントンします。
予熱していたオーブンに入れて、180度で30〜40分焼いてできあがり!
竹串をさして、べとっとしなかったらOK。
砂糖はかぼちゃの甘さやお好みで加減しましょう。
トッピングにはかぼちゃの種があるといいですが、私のようにゴマもなかなかいいですよ。カボチャスライスとかもオシャレかも。
さつまいもなどでもできるし、パウンドケーキは応用がきくのでよく作ります。
なんせ、簡単な割りに喜ばれるから‥‥(^_^;)