今日は久しぶりに日曜日の朝のヨガに行った。アヤ先生に会うのは1ヶ月ぶり。ちょっと早めに行って、「入院してたの〜。でも、ベッドの上でもちゃんとヨガしてたよ!」と報告。実際、看護婦さんに「何やってるの?!」と驚かれたこともあった‥‥。
アヤ先生は、私の病気の辛さをよく分ってくれる。そしていつも「がんばりすぎないで」と声をかけてくれて、私の全速力で走ろうとするのを止めてくれる。それに、「今日は顔色がいいね」とか、「元気そう!」とか言ってくれる。本人はそれほどでもないと思っていても、やっぱりそう言われると嬉しい。アヤ先生のヨガはとても楽しみ。先生のヨガは、とにかく力を抜くヨガ。普段、力を入れているつもりはなくても、随分力が入っていることが分かる。でも、いざ力を抜こうとしても、なかなか抜けない。でも、とっておきの脱力法がある!あぐらをかいて、両手を組んでできるだけ上の方にひっぱる。もっともっと上にひっぱって、顔もくしゃくしゃにしてしばらく息を止めて、もうダメ!っていうときに全身の力を抜く。操り人形の糸を切られたみたいに、ぐたーーーーって感じ。これがまたキモチいい!もう、癖になりそう。ぎゅーっと力を入れた後にぐたーっとすると、体がホカホカしてくる。そして、気分はすっきり。呼吸も深くゆっくりできるようになる。これは毎日しよう!ただし、人前では恥ずかしくてできない。おうちとトイレでしよう‥‥。^^