前にセカンドオピニオンをしてもらった婦人科に行ってきた。ここの先生はおばちゃん先生で、今までの経緯を話すと、「辛かったわね。」とか、「そんなこと先生に言われたって困るよねぇ。」とか言ってくれた。これだけで、心がぱっと明るくなったような気がした。結局、前とは違う一相性ピルのオーソを使うことに。本来なら次の生理日から服用だけど、避妊目的ではないから今日から飲むことになった。ほぼ一日中ある痛みも、今使っている座薬を朝と晩に使うことで少しラクになることも教えてもらった。どちらも“普通の使い方”ではない。これには目からうろこ状態。そっか、そんな考え方もあるんだ、固定観念にとらわれていた!と感じた‥‥。小さなことだけど、本当に嬉しかった。^^
また吐き気の副作用があるかもしれないし、効かないかもしれない。でも、マニュアルどおりの説明ではなく、「もし何かあったら、すぐにいらっしゃい。」という言葉が何よりも嬉しくて、この先生といっしょにがんばろうと思う。先生といると、前向きになれる。医者というより、なんでも相談できる母のような人。ある意味、母よりも相談できるかもしれない。