神戸の漢方&薬膳セミナー「健膳美食サロン」国際薬膳調理師で漢方カウンセラー池田哲子のWonderful Days

高校生のころから病気ばかりしていて、仕事も恋愛も人生もすべて諦めました。
毎日泣いていたときに漢方と薬膳に出会って、コンプレックスの塊の私を救ってもらいました。

神戸の漢方&薬膳セミナー「健膳美食サロン」国際薬膳調理師で漢方カウンセラー池田哲子のWonderful Days イメージ画像

2005年06月

今、「人間、生きているだけで、ありがとう」という本を読んでいる。日曜日に書店で買って、もうほとんどを読み終えたけど、久しぶりに本を読んで気分がよくなった。以前は月に3冊は本を読んでいたのに、このところ病気のことでイッパイイッパイで本を読む余裕なんてなかっ

今日は久しぶりに日曜日の朝のヨガに行った。アヤ先生に会うのは1ヶ月ぶり。ちょっと早めに行って、「入院してたの〜。でも、ベッドの上でもちゃんとヨガしてたよ!」と報告。実際、看護婦さんに「何やってるの?!」と驚かれたこともあった‥‥。 アヤ先生は、私の病気の

入院していた胃腸科の先生の診察を受けてきた。さすが18歳のころから見てくれているだけあって、何も言わなくてもだいたいの調子を分ってくれる。どうも昨日のことがショックで、顔にも出てしまったみたい。「また何か悩んでる?」ドクターの言葉に図星。どうしたらいいのか

今日は朝から調子が悪く、大阪のお客さまのところに行く車内でもほとんど会話がなかった。なんとかお客さまのところの用事が終わって会社に戻ってきても、どうも調子が悪くて、会社でしばらく休んでいた。でも、どうしても今日中にしないといけない仕事があって、上司もいな

↑このページのトップヘ